読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名無しボウズ的アニメ徒然

Twitterで書いたアニメの感想を貼っています。

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン 第13話 たそがれの帝国にて

アルデラミン最終回見た。ジャン対イクタの直接対決。思考的な意味ではジャンとイクタはお互い合わせ鏡のようなものだからか、イクタはジャンの思考を読み取ることができたが故の作戦展開でもあり、交渉でもあり。イクタが無名だからこそではあるか。行き過…

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン 第12話 亡霊を狩るもの

アルデラミン見た。イクタもジャンもそれぞれが智将という立ち位置になっていて面白い。お互い出し抜き出し抜かれ。西の砦が攻略されなくても余裕があるジャンというのは禁忌の技術を躊躇なく使う隠し玉があったからだし、やはり兵力差というのもあるんでし…

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン 第11話 常怠VS不眠

アルデラミン見た。戦争には犠牲は付き物とは言うけども部下が死ぬこと、また昨日までの敵が味方になること、軍人の感情の在処ということ、それぞれが複雑に絡み合った展開はシリアスで良かったです。そういう点においてヤトリの覚悟の置き所に恐怖を感じた…

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン 第10話 ラ・サイア・アルデラミン

アルデラミン見た。前回キオカ絡むのは変だと思ってたけどやっぱりガッツリ絡んでたようで。多分戦略的な意味で北域をキオカがどうしたいのかが見えなかったからではあるんだろうけども。精霊虐待にかこつけて教団軍が動くのは分かるけどじゃあ誰がリークし…

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン 第9話 ささやかな面目の行方

アルデラミン見た。やっぱり度し難いのは無能将校なのは相変わらずだけど、その将校を殺そうとしている者はどうにもシナーク族とはまた違うようで。エアライフル装備ということを考えるとその技術を持っている者。キオカの人間なのかとも思うけど、わざわざ…

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン 第8話 いつか、三度目に

天鏡のアルデラミン見た。死亡フラグ通りの展開だから感傷的にもならないのだけど、こういう犠牲の責はやはり無能中将に科せられるべきだとは思うのよね。現場を知らないのに戦争させるの頭牟田口過ぎる、というかモチーフぽいけど。基本的に将校が無能揃い…

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン 第7話 カトヴァーナ北域動乱

天鏡のアルデラミン見た。どうにも戦争を起こしたい人がいて、相手の準備を見たり、戦争への大義の作り方を見ていると、もしかすると死の商人的な意味合いで金を稼ごうとするのが素地としてあるのでは、と思うに至る。最近だと真田丸の千利休が北条にも鉛球…

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン 第6話 神の階の麓にて

天鏡のアルデラミン見た。舞台は北域へ。実戦のない軍隊は腐っていくものだけどまさしくそんな感じ。人の本を勝手に売っ払うとかどんだけだ。でもそんな中でイクタとの様々な出会いがありつつ新展開へ。動乱をどう鎮圧するのか、また鎮圧すべき話なのか。人…

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン 第5話 二人でひとつ

天鏡のアルデラミン見た。イクタとヤトリの出会い。今作のプロローグで、この2人の関係の原点を描いておりました。狼との死闘で築かれた絆であったり、科学についてヤトリが学んだりと、何故イクタのことをヤトリが分かっているのかが伝わる展開で、現状の2…

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン 第4話 永霊樹の番犬たち

天鏡のアルデラミン見た。前半演習、後半反乱。演習パートについてはしっかりトルウェイに復讐させるし、イクタ側の快勝という結果に終われたから前回からの噛ませ犬兄貴を凹ましたことでのカタルシスはありました。もっともCGがどうにもしょっぱい感。空撮…

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン 第3話 高等士官学校の騎士団

天鏡のアルデラミン見た。噛ませ犬役に子安さんの安定感。イクタのキャラクターがよく分かる展開に納得。演習の下準備辺りも良いテンポ感。しっかり物語の溜めも行いつつ、キャラ紹介もやるというのはなかなかに練られた展開でした。— 名無しボウズ (@nanash…

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン 第2話 不本意なる褒賞

天鏡のアルデラミン見た。敵領内からの脱出、そして叙任。イクタ自身は望んで進んだ道ではないのにそうなってしまうのが彼の人生を示唆しているようであるし、またそこに覚悟をするかどうかなのでしょう。何故彼が合理的な考えをする人物なのかの一端は出自…

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン 第1話 嵐の邂逅

天鏡のアルデラミン見た。電撃文庫から出ている小説のアニメ化。第1話は世界観を匂わせつつ主要キャラクターの紹介、そして振りかかる困難を綺麗にまとめ上げておりました。特に主人公のイクタのキャラ設定が興味深いもので、女性に対してはC調だけど洞察力…