読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名無しボウズ的アニメ徒然

Twitterで書いたアニメの感想を貼っています。

キズナイーバー 第12話 世界中にキズナシステムが広がって

キズナイーバー最終回見た。こっ恥ずかしい告白が名シーンになってしまうのが岡田麿里脚本作品の特徴だけど、今作も上手くシチュエーションを作りドラマにしたという感覚。ジュブナイルってこういうことだよね。お互いが繋がってないからこそ相手のことを真…

キズナイーバー 第11話 いちいち連絡しあって気持ちを確認しあわないと。だって、友達なんだから!

キズナイーバー見た。システムに頼らずに友達として痛みを感じること。それは痛みだけではない感情として共感という言葉で表現出来るのかもしれないけども、遠回りして漸く得られたものでした。多分これって換言したらニュータイプってことなんだろうけどね…

キズナイーバー 第10話 好きな気持ちがむくわれないかもなんて重々承知の上だろ?

キズナイーバー見た。絆が消え日常が戻ったけども夏休みの体験は実際にあったもの。だから仁子の改めて友達になりたいという言葉も頷ける。そして勝平と法子の過去が明らかに。法子の無感情の正体もなるほど。最後の廃人となった昔の仲間を見た勝平が初めて…

キズナイーバー 第9話 万事休す……かしら

キズナイーバー見た。心にダメージを与えることでついに心の声までも聞こえるようになってしまう。曖昧な痛みではなく悲痛な叫び。恋愛のベクトルが一方通行の悲劇。人と人とは適当な距離で付き合うからこそ仲良くなれるという当たり前の話を見ているよう。…

キズナイーバー 第8話 ハッピーな時間ってそうそう長くは続かないものだよね

キズナイーバー見た。物語も次の段階へ。マイナスの感情を繋げることからプラスの感情を繋げることへ。それは恋愛というもので成就されると見込んで新たな実験を開始。台風を吊り橋効果的に使うのが憎らしい。7から8へと登場人物が増えることでカップリング…

キズナイーバー 第7話 七分の一の痛みのそのまた七倍の正体に触れる戦い

キズナイーバー見た。穂乃香自身が過去を受け止め、キズナイーバーに加わる話。穂乃香メイン回の解決編ではあったのだけど、キズナイーバーだからこそ彼女に関わることが出来た展開でもあって納得。友達からそれ以上の関係になってしまうこと、そしてそうい…

キズナイーバー 第6話 あんた達といるとほんっとにろくなことがない

キズナイーバー見た。今まで不明だった穂乃香の過去話へ。確かに知られたくない過去ではあるんだけど、それを利用する園崎には確かに「軽蔑」という言葉が当て嵌まる。人間を玩具にしている訳だからなんだけど、そういう言葉をチョイスして納得させる岡田麿…

キズナイーバー 第5話 ひゃっほい、合宿だぁ!鹿のフン踏んで枕投げしてゴーゴー!

キズナイーバー見た。形は違うがV6の学校へ行こうの未成年の主張みたいな感じの告白。どうやら実際の痛みだけでなく心の痛みというものも共有が始まったようで。ああなるほどこれは人類補完計画なんだな、とガイナ出身者の多いトリガー作品だなぁと思うなど…

キズナイーバー 第4話 せっかく繋がりあったんだしさもっとお互いわかりあおうよん

キズナイーバー見た。合宿前夜といった雰囲気。個性的なキャラクターの造形は魅力的だけども、その関係性が少しずつ変化していくことの面白さ。こういうキャラ配置における一風変わった青春感の構成は流石岡田麿里さんの脚本といったところ。— 名無しボウズ …

キズナイーバー 第3話 どんなにさんざんな状況だって捉えかた次第でなんとかやっていけるかも……ねっ?

キズナイーバー見た。7人目を探す回。七つの大罪なんだから7人目がいるのは当然。そしてそれが変態さんってのがなかなかに罪深い。痛みが快楽になる奴がいると色々と面倒になりそうだけどそこが面白い。そして未だに全容が見えない園崎の計画。次回は果たし…

キズナイーバー 第2話 こんな異常事態カンタンに飲みこめんならバリウムなんざバケツ二杯は軽く余裕だっつーの

キズナイーバー見た。自己紹介という名のトラウマだったり秘密告白大会だったり。秘密の内容、特に千鳥の告白は青春感満載。でもそれぞれの告白シチュエーションが一筋縄でいかない辺り岡田麿里脚本だなぁと思う次第。コミカルとシリアスの良いバランス感が…

キズナイーバー 第1話 一目あったその日から、絆の花咲くこともある

キズナイーバー見た。岡田麿里脚本でトリガー製作のオリジナルアニメ。傷と絆とナイーブとがトリプルミーニングなタイトル。現時点では無痛症の主人公という存在と痛みを共有する絆を持ってしまった、ということしか分からないので、どういう目的があってこ…