読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名無しボウズ的アニメ徒然

Twitterで書いたアニメの感想を貼っています。

クロムクロ

クロムクロ 第26話 侍は振り返らず

クロムクロ最終回見た。やはり由希奈と剣之介の物語で、結局は不器用な侍を好きになってしまったのが全て。恋は少女を強くするもの、そういうことを思うのでした。でも遠いところへの旅だけど、こういう設定だとウラシマ効果的なことを考えたりもするんだよ…

クロムクロ 第25話 鬼の見た夢

クロムクロ見た。普通なら地球が異星人の脅威を防いだ万々歳といった形で大団円を迎えるところだけど、今作はここからの物語があるし、しかもそれが地球を救った人々をまるで敵のように扱うというものでした。ムエッタに対する仕打ちは剣之介が怒るのも当然…

クロムクロ 第24話 血戦の黒部ダム

クロムクロ見た。人類の反攻作戦開始。まだ残り話数ある気がするけども今回で地球にやってきたエフィドルグ全員倒すとは思ってなかったです、オーガ戦引っ張っても良かったかも。でもここで見せた由希奈の覚悟の一撃というものが今までの話の積み重ねの上で…

クロムクロ 第23話 雪に唄う蛙

クロムクロ見た。最終決戦前の馬鹿騒ぎだけど、それがこの作品らしさでもあり、またムエッタを仲間にするための重要なシークエンスとして取り入れられているのが見事。こういう日常を守るためにもエフィドルグを倒さなければならないのです。— 名無しボウズ …

クロムクロ 第22話 鬼が哭いた雪中花

クロムクロ見た。ゼルと父親との出会い。死因は凍死とは思わなかった。もう消えていたけどもこれで父親とのわだかまりは完全になくなりました。こういう状況でも追悼するのがシュールでもあり、また日常感でもあり。クルル石も機能し始めて状況は悪化してい…

クロムクロ 第21話 牙城の落ちる日

クロムクロ見た。エフィドルグ降下するし研究所は放棄になるし地球側にとってはどうしようもない状況に。変なマイクロチップみたいなの侵入して洗脳されるのも見ていてキツイ。というかこれはエフィドルグを倒しても解除されるものなんだろうか。— 名無しボ…

クロムクロ 第20話 飛んで火に入る虎の口

クロムクロ見た。少しずつ物語の核心部分へ。由希奈が見たクルル石はエフィドルグのワープ装置なのかな?そして雪姫の頭部だと思われるものの正体とは。由希奈が入れる場所ならムエッタも入れそうなもんだけどはたして。そして合宿の成果も出ていて由希奈が…

クロムクロ 第19話 鬼が誘う宴

クロムクロ見た。由希奈奪還作戦のために所長も腹を括る。独断専行でクロムクロを動かすのも母親の心情を思うとむべなるかな。もっともムエッタが何故そこまでして剣之介に協力する必要があったのか、というのはどうしても残るけども。妹への復讐とエフィド…

クロムクロ 第18話 湯煙に消える

クロムクロ見た。温泉回かと思ったら新展開への布石。剣之介、由希奈、ムエッタの三角関係かと思いきやまさか由希奈が敵に攫われるとは。似てるっちゃ似てるけど、この誘拐が果たしてどのような展開を見せるのか楽しみです。パイロットの乗換もあるのかな?—…

クロムクロ 第17話 雲中に鬼が舞う

クロムクロ見た。飛行タイプの敵に対してどう対応するかが焦点となった回だけど、まさか多分例の由希奈を助けた人が助太刀にやってくるとは。しかも空を飛ぶ。もっとも彼が助けるというのは今までの展開的には納得だけど、こういう新型が伏線なしに出てくる…

クロムクロ 第16話 再会は水に流れて

クロムクロ見た。本当に姫様かどうか分からず現在敵であるのに助けることは忠義と呼ぶのかどうか。その前に縛られているものの話をしたことで展開の説得力が生まれるのは良かったです。それにしても相変わらずのザル警備。しかし姫様刺しちゃったけどどうな…

クロムクロ 第15話 追分の果て

クロムクロ見た。剣之介が見た過去の幻影は本当のことなのか。姫様と敵が一緒だと言うけどもはたして。あの洗脳装置が鍵なのかな?ちょっと昭和っぽい演出な気もするけど。そんな敵さんが身ひとつで大気圏突入するのはやっぱり違和感あるよなぁ、流石エフィ…

クロムクロ 第14話 祭に踊る羅刹

クロムクロ見た。アクション満載な今回、刺された剣之介の治癒能力は今後の伏線になりそう。そして姫様の幻影。本物の姫なのかそうじゃないのか。剣之介の過去の恋慕に対して嫉妬する由希奈の姿もまた現実味があって良かったです。連携プレイもズバリ。映像…

クロムクロ 第13話 祭囃子に呼ばれて

クロムクロ見た。新敵登場。しかもそれが姫様そっくりときたもんだ。同じ顔をした人は3人いるとは言うけども、彼女の正体と姫様との関係は如何に。文化祭でコスプレOKにしているから彼女がすんなり入れたというのは面白い展開ではありました。しかし剣之介は…

クロムクロ 第12話 黒部の夏に地獄を見る

クロムクロ見た。夏休みは地獄の特訓が待ち受けていたのであった。でもその特訓の中で芽生える剣之介の恋心。由希奈の成長もお約束だけどしっかり映像のリフレインで描く丁寧さ。そして三馬鹿のあいつは噛ませ犬ですらないのでした、何だあいつ。しかしこの…

クロムクロ 第11話 闇に臥したる真

クロムクロ見た。対フスナーニ終了。彼らの目的が掘り出したクルル石なるものだと判明。ある種オーパーツ的なクルル石の正体が気になるところ。そして今回は剣之介対フスナーニの剣戟にも注目。由希奈を守ると約束したから有言実行する剣之介の姿が良いのだ…

クロムクロ 第10話 不遜な虜

クロムクロ見た。簡単に降伏した後にすぐに逃げられるザル警備は伝統芸レベル。もう少し尋問劇を丁寧に描くことは出来なかったのかなとは思う。このタイミングで剣之介の過去を掘り返すのは物語のきっかけの再確認で良いとは思いますよ。由希奈がとっ捕まっ…

クロムクロ 第9話 岩屋に鬼が嗤う

クロムクロ見た。今作の鍵は由希奈が再び黒骸に乗る理由を作れるか、ということは何度も書いていたことだけど、正直拍子抜けした感は否めない。父親を許せたことと黒骸に乗る理由はリンクしないし、恐怖感を払拭するだけの決意がある訳でもない。— 名無しボ…

クロムクロ 第8話 黒鷲の城

クロムクロ見た。由希奈を助けた者の正体は?結局は由希奈の意思如何だとは思うけども、彼女なりの戦う理由を求めて父親の研究を辿るというのは分かる。敵が周りにいることも示しつつだから丁寧な流れではありました。剣之介についてはもっと早くに旧主の城…

クロムクロ 第7話 東雲に消ゆ

クロムクロ見た。由希奈には戦う理由がないから迷う。そして剣之介も戦う理由はあるけども、それは自分に言い聞かせるもので不安定。戦って死ねっていうキャッチコピーが昔あったけども、そんなのは覚悟のある奴にしか言えない言葉。どうすれば由希奈に覚悟…

クロムクロ 第6話 神通の川原に舞う

クロムクロ見た。対イエロークラブ第2戦目。伸縮する腕のギミックが予測不可能な動きで充分に難敵。漸く倒せたと思ったら中にパイロットがいたという。エフィドルグの者と名乗ったけども、クロムクロを指して裏切り者と言うし一体どういうことなのか。やはり…

クロムクロ 第5話 学び舎に来た男

クロムクロ見た。剣之介入学するの巻。外来語に塗れて生活していることの再確認だけど四字熟語が分からないのも高校生らしさでもあるのでした。学園モノの要素を含みつつではあるのだけど、それぞれの思惑が複雑化していていい感じ。図書館でのノエルと剣之…

クロムクロ 第4話 異国の味に己が境遇を知る

クロムクロ見た。剣之介の現代社会への適応をギャグタッチで描く回。その中で鬼と呼ばれる者に対して、由希奈の父の存在もクローズアップされていく展開は上手い。少しずつこの世界の謎にアプローチしていく流れは丁寧でした。— 名無しボウズ (@nanashibouzu…

クロムクロ 第3話 城跡に時は還らず

クロムクロ見た。タイムスリップした状態の剣之介の動揺をストレートに描かれた今回。自身がかつて切った岩が苔生していることで実感したというのは展開的にも納得。空っぽと彼は言うがその隙間を現代の由希奈たちは埋めることが果たして出来るのか?— 名無…

クロムクロ 第2話 黒き骸は目覚めた

クロムクロ見た。姫と勘違いして連れ去られるというのはよくある流れではあるけども、なし崩し的にオペレーターにまでなるとは。複座コクピットということを考えるともしかしたら姫様が乗る予定だったのかもしれないし、その血を受け継いだか何かで乗れたの…

クロムクロ 第1話 鬼の降る空

クロムクロ見た。伝奇SFといった風味のあるPAオリジナル作品。お得意の御当地モノにロボットを足した作劇は新たな姿を見せるか否か。一応のボーイ・ミーツ・ガールではあるもののずっと封印されていた人みたいで、どういう時代感があるのか。また鬼と呼ばれ…