読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名無しボウズ的アニメ徒然

Twitterで書いたアニメの感想を貼っています。

ジョーカー・ゲーム 第12話 XX ダブル・クロス

ジョーカー・ゲーム最終回見た。一人の男がスパイを辞める話を最後に持ってくる構成の面白さ。それまで個人的な事情が全くない怪物たちだったのが、一転この回は過去映像を挟むからどうしたことかと思ったらなるほど。生き延びることが至上命題とされるが、…

ジョーカー・ゲーム 第11話 柩

ジョーカー・ゲーム見た。三好死すとも情報は死せず。過去の結城の因縁も絡みつつ、結局出し抜かれるドイツ人。ここで登場キャラが死ぬというのは驚きだけど、スパイの置かれている現実を示した展開で納得。三好の目を瞑らせた結城がせめてもの手向けという…

ジョーカー・ゲーム 第10話 追跡

ジョーカー・ゲーム見た。結城中佐の正体を探ったらミイラ取りがミイラになる話。どこからが結城の過去でどこからが違うのか。虚実入り交じる過去。幼年学校のエピソードは結城らしいとは思うけども果たして。鍵は過去描いた姿の表情の有無か。— 名無しボウ…

ジョーカー・ゲーム 第9話 ダブル・ジョーカー(後編)

ジョーカー・ゲーム見た。D機関対風機関後編。お得意な風機関の面々だったけども全ては結城の掌の上で踊っていたに過ぎないのでした。今回のBパートからの反転攻勢は会話劇として見応えがありました。陸軍の常識は世間の非常識。そもそもスパイなんて出来る…

ジョーカー・ゲーム 第8話 ダブル・ジョーカー(前編)

ジョーカー・ゲーム見た。前後編の前編。陸軍内に諜報機関は2つ必要なのか。どちらが有用かを競うゲームとでもいったところ。スパイを使い捨てのように考えるしょうもない陸士出のエリート様が旧軍の癌だったんだろうな、と再確認。情報を得るための方法に精…

ジョーカー・ゲーム 第7話 暗号名ケルベロス

ジョーカー・ゲーム見た。海の上でのスパイ戦。モーガンは甘利をケルベロスだと思い死ぬのだが、甘利には心当たりがない。では誰がケルベロスなのか。展開的には関係性を持つ辺りでやっぱりではあったし、告白も素直なもので呆気なさはありました。今回は謎…

ジョーカー・ゲーム 第6話 アジア・エクスプレス

ジョーカー・ゲーム見た。特急「あじあ」の中での一幕。不可解な人物は多分男装した踊り子だというのは気づいたけども、もう一人実行犯がいたとは。でも唐突過ぎるのは否めないのはあって、何かしらの伏線は欲しかった気もするのでした。明示的に描くと今度…

ジョーカー・ゲーム 第5話 ロビンソン

ジョーカー・ゲーム見た。最初から捕まえられることを前提としたスパイ活動。情報漏洩の証拠を掴むためとはいえ決死行。まさに孤独なロビンソン・クルーソーだけども、それ故にフライデーの存在があった、という展開はなるほどと唸る。表層と深層の違い、既…

ジョーカー・ゲーム 第4話 魔都

ジョーカー・ゲーム見た。自宅爆破されたのに冷静なままで都合良くいなかった及川が怪しいとは思ってたけどもこういうオチだったとは。全ては本間が上海に行く前からD機関が仕組んでいた工作。本間は福本が変装した塩塚と日本で会っている訳ですし。— 名無し…

ジョーカー・ゲーム 第3話 誤算

ジョーカー・ゲーム見た。いきなり舞台が第二次大戦中のフランスになっててビックリ。展開は記憶喪失の設定がちょっと都合良すぎるし、治るのもショック療法でなんだかなーではありました。粉塵爆発は小麦粉を聞いたら想定するのはオタクの悪い癖。銃を奪わ…

ジョーカー・ゲーム 第2話 ジョーカー・ゲーム(後編)

ジョーカー・ゲーム見た。前回の解決編。憲兵が触らない御真影の裏に隠すという展開を見せるために、冒頭の教育勅語を聞く子供達であったり、軍人勅諭を拝読するシーンはよく練られてあったし、またスパイと軍人の差異も際立つものでもありました。— 名無し…

ジョーカー・ゲーム 第1話 ジョーカー・ゲーム(前編)

ジョーカー・ゲーム見た。角川のミステリー小説のアニメ化。日本陸軍でスパイと言うと陸軍中野学校を思い出すのだけど、そこでの養成後の物語。スパイとは何かを無知な陸軍士官学校出身の佐久間の目を通して語られます。佐久間を視聴者と同じ目線に置くこと…