名無しボウズ的アニメ徒然

Twitterで書いたアニメの感想を貼っています。

ピアノの森

ピアノの森 第12話 fff

ピアノの森最終回見た。最終回と言っても一旦終了で次のシリーズは来年1月からやるのですが。でも半年待つのは寂しいというか話を忘れる可能性が大。1クールですら駆け足気味だったけど、この作品は3クール以上でやるのが相応しいのではないか。— 名無しボウ…

ピアノの森 第11話 ポーランドの新星

ピアノの森見た。前半修平、後半ポーランドの新星。前半については彼の海への妄執を見る。海という壁を超えることが出来るか。面白いのはそんな修平の病的な想いを海はつゆ知らずといったところか。惚れられる方が鈍いというのはよくある話だけども。無自覚…

ピアノの森 第10話 ショパン・コンクール

ピアノの森見た。ショパンコンクール本選開始。海のライバルになるだろう人々が登場。それぞれに個性的。そんな中でゴシップ誌の記者が場を掻き乱しそう。印象的だったのは中国人。ステロタイプに日本人が嫌いだけど、彼の回想からして阿字野の影響は受けて…

ピアノの森 第9話 ワルシャワの胎動

ピアノの森見た。ついに舞台はワルシャワ、ショパンコンクール。まずは本選に出るまでの予選だけど、流石の海も緊張でパニックになるのも頷ける。そして海と修平のある種片想いにも似たライバル関係も印象的。子供の頃と異なる修平の海への気持ち。目線、立…

ピアノの森 第8話 挑戦状

ピアノの森見た。海と誉子の再会。腱鞘炎で失意の彼女だったけど、彼との再会で復活を期す。人の心に炎を灯す。そういう役割も彼は担っている。しかしまずは自分のこと。ついに動き出すショパンコンクールへの道。そして修平もまた前に進もうとする。良いラ…

ピアノの森 第7話 再会

ピアノの森見た。今回から高校生編。スランプに陥った修平は海と再会する。海の演奏、努力に衝撃を受けるも、海の弟子の曲をきっかけに立ち直る。修平が自分のことを洗いざらい海に言ったことはモノローグで済んでたけど、その淡々さがむしろ胸に迫るものが…

ピアノの森 第6話 森のピアノ

ピアノの森見た。森のピアノが燃え、海は次の段階へ。阿字野はピアノが燃えても海の心に残るとは言うが、正直その言葉だけでは実感が沸かなかったし、よくある慰めだと思っていました。ところが、その後で演奏シーンを挟むことで、その言葉に真実味を持たせ…

ピアノの森 第5話 コンクールの神様

ピアノの森見た。森のピアノが弾けなくなったことは、多分海が次のフェイズに移ったことと同義だと思うのです。一人で満足するだけのピアノから、他人を満足させるピアノへ。当然喝采や称賛は自分も満足するものだけど、単なる自己満足ではない。その快感を…

ピアノの森 第4話 一番のピアノ

ピアノの森見た。ついにコンクールでの演奏。展開的にも演奏を止めたり靴脱いだりしたから予選を通らないというのは分かってはいたけども、そこに衝撃を与える演奏をしたことは確か。何より人の前で演奏をする快感を覚えたことが重要。緊張で倒れそうな誉子…

ピアノの森 第3話 モーツァルトの遺言

ピアノの森見た。コンクール開始。今回から登場のお嬢様な誉子。メンタル戻すために女子トイレで海の頭を触るというのはちょっと違和感のある展開ではあるけども、それぐらいに彼女も必死ということではあるか。最初は仲が悪かった二人の関係だけど、良いラ…

ピアノの森 第2話 ショパンを弾くために

ピアノの森見た。才能に惚れるには年齢は関係ない。更にそこに自分のピアノの音を奏でてくれたという気持ちも加わるのだから尚更。海は取引と言う奇妙な師匠と弟子の関係が生まれたのだけど、この関係が導く未来とは。この関係に嫉妬して激怒してもおかしく…

ピアノの森 第1話 選ばれた手

ピアノの森見た。モーニング連載作品のアニメ化。森にある謎のピアノ。誰も弾けないのにただ一人だけ弾ける少年がいる。そしてその彼とピアニストを目指す少年との出会いから物語は進み始めます。偶然伝説のピアニストが近くにいた、という設定は御都合的だ…