名無しボウズ的アニメ徒然

Twitterで書いたアニメの感想を貼っています。

モブサイコ100

モブサイコ100Ⅱ 第13話 ボス戦 ~最後の光~

モブサイコ最終回見た。今作らしいアクション作画全開で見応えあり。アニメを見る意味の一つとしては、こういう作画を見るため。想像以上の作劇を週一のアニメでやることの凄さ。そんな超絶アクションの果てに出来たのが巨大ブロッコリーというオチの付け方…

モブサイコ100Ⅱ 第12話 社会復帰戦 ~友情~

モブサイコ見た。芹沢との対決、そして鈴木との決戦序章。今回通して思ったことは、やはり他人の不幸の上に自己の幸福を築いてはならないということ。鈴木は芹沢を単に駒としか見ていないから、彼の気持ちを知ろうともしない。寄り添える茂夫の優しさを感じ…

モブサイコ100Ⅱ 第11話 指導 ~感知能力者~

モブサイコ見た。最終決戦前の幹部との対決。最上が再登場する辺りが集大成感。5超の面々も茂夫には及ばない。むしろ展開上のヒントとなった集団で一個人を倒そうとするという方法論に注目。茂夫でやったことは島崎でやったことと同じなのでした。でもトドメ…

モブサイコ100Ⅱ 第10話 衝突 ~パワー系~

モブサイコ見た。爪最高幹部は強い。でも筋肉はもっと強い。本物の筋肉とエクボ憑依の合わせ技一本。後半の肉体改造部と柴田の対決シーンはコンテも作画も良くて満足。ケレン味のあるシーンはやはり好みのようです。速攻で茂夫に倒される柴田というのも茂夫…

モブサイコ100Ⅱ 第9話 見せてみろ ~集合~

モブサイコ見た。ついに動き出した爪本体。能力者を超えるまさに超能力者によるバトル。世界征服の野望を明らかにするという物語の大展開。物語を畳み始めた感覚はあって、ちょっと急過ぎる気もするけども、話としてのメリハリはあるか。そして茂夫の家族が…

モブサイコ100Ⅱ 第8話 それでも ~前へ~

モブサイコ見た。超能力を使わずに自分の力でマラソンを走る茂夫。かつての彼ならば怪我をした段階で泣いていたが、今は我慢も出来る男になったのだ。親も一安心、といったところで唐突に大波乱。このタイミングでまさか爪が襲来するとは。両親を失う茂夫は…

モブサイコ100Ⅱ 第7話 追い込み ~正体~

モブサイコ見た。窮地になって己の原点を思い出す。何者にもなれなかった霊幻だから、超能力者の茂夫に憧れを抱いた。時間が経つにつれ茂夫との関係を錯覚してしまったからこういうことに。そんな霊幻のことを見捨てても良さそうなものだけど、結局は助け舟…

モブサイコ100Ⅱ 第6話 孤独なホワイティー

モブサイコ見た。茂夫の親離れならぬ霊幻新隆離れ。考えてみたら口八丁手八丁で乗せられてただけで、実際は茂夫ほどの能力もないのです。一度距離を置いてみるというのも一つの方法。強がる霊幻だったけども、彼の方が茂夫に頼っていたことを自覚したのも当…

モブサイコ100Ⅱ 第5話 不和 ~選択~

モブサイコ見た。至高の作画回。コンテ演出作監が伍柏諭さん。記憶に新しいのはFate/Apocrypha22話だけど、今回もまたTVアニメという枠内でよくぞこれだけやってくれた、と称賛を送る他ないです。作画陣もFateと被ってる人もいればベテランもいれば若手もい…

モブサイコ100Ⅱ 第4話 中身 ~悪霊~

モブサイコ見た。いきなり最強の敵が現れて茂夫が試されるという展開になるのは驚き。こういう敵は伏線があって出てくるものだと思うので。もっとも、茂夫の感情という意味においてはこういう話になるのも納得ではあるのですが。100%になるまでの話にはなる…

モブサイコ100Ⅱ 第3話 重ねる危険 ~変質~

モブサイコ見た。茂夫の周りの人間と霊との関係を描く。なるほど彼にとっては人間も霊も等価値である訳で、その中で描かれた人間のエゴと霊の家族愛のどちらを優先したいかと言えば自明なのです。その前に茂夫からカツアゲする者、守ってくれる者と人間同士…

モブサイコ100Ⅱ 第2話 都市伝説 ~噂との遭遇~

モブサイコ見た。都市伝説解決回。嘘から出た真。人間の恐怖心が生んだ怪物がおひきさんでした、他はしょうもない話だったんだけども。まあ結局はそういう都市伝説にまず関わらないようにしよう、というのが教訓ではあるわな。故に知らない茂夫が最も強かっ…

モブサイコ100Ⅱ 第1話 ビリビリ ~誰かが見ている~

モブサイコ見た。続編。前期も見ていたし、相変わらずの作画の濃密さにやられたので継続視聴です。茂夫の心根の優しさを上手く描いたエピソードにもなっていて、前期とのラグを上手く埋めた感覚。騙されたとしても、自分のやりたいことをやる彼の芯の強さで…

モブサイコ100 第12話 モブと霊幻 〜巨大ツチノコ現るの巻〜

モブサイコ最終回見た。他の人より俺は特別だ、と思うのは思春期まで。それを拗らせたのが結局は爪という組織にいる人間だったということでしょう。大人への通過儀礼を拒否しているとああなるという良い反面教師でした。しかし詐欺師の霊幻に説教されるって…

モブサイコ100 第11話 師匠~Leader~

モブサイコ見た。霊幻のハッタリというものは大人相手には通用して、中二病から卒業できない超能力者には効かないってのが面白いところ。それ故に相手を見誤ること、また己に過信することは致命的なミスにもなるということなのでした。特技不意打ちなだけだ…

モブサイコ100 第10話 巨悪のオーラ~黒幕~

モブサイコ見た。爪の幹部たちとの対決。茂夫の能力だったら簡単にやっつけるのかなと思いきや。精神攻撃には弱いのはあるよね、しっぺ返しはするけども。気になるのは律も倒し茂夫もその存在が分からなかったショウの存在。もしかして一番強い?そしてここ…

モブサイコ100 第9話 “爪”~第7支部~

モブサイコ見た。爪との直接対決に出る茂夫たちだけど、茂夫の能力が解放状態にあるのが恐ろしい所。爪の人達はよく言えば個性的、悪く言えば連携まるでなしだから、各個撃破されたらどうしようもないか。問題は脱出しようとしてる律たちで、彼らが捕らえら…

モブサイコ100 第8話 兄ペコ~破壊意思~

モブサイコ見た。覚醒茂夫対誇山。毎回作画が凄いんだけど輪をかけてアクションが凄いし背動も凄い。ボンズのスケジューリングどうなってるんだ?と思うぐらいには動いておりました。展開も超能力者を洗脳して戦わせる秘密結社爪が登場して、物語も一つ違う…

モブサイコ100 第7話 昂揚~喪失を手に入れた~

モブサイコ見た。律がすっかり変わってしまって…。超能力を得ることの悲劇という感じはあって、自分より上位能力者に対しては負けるということだけど、花沢と律との出会いは次回の伏線でもあるように思えるのでした。神室が痛い目に遭うのは自業自得。そして…

モブサイコ100 第6話 不調和~成るために~

モブサイコ見た。話は弟の律へ。兄への劣等感、人を陥れたことの罪悪感、色々なものが心の中でごちゃごちゃになって見たものがエクボ。スプーンの件もそうだけど彼に超能力が芽生えたということなのか。それにしても神室もまた劣等感のはけ口として鬼瓦を陥…

モブサイコ100 第5話 OCHIMUSHA~超能力と僕~

モブサイコ見た。作画回。毎週この作品には思うことだけど更に凄いアクション作画を見せられたら本当に敵わない。このテンションで何故毎週放送出来るんだろう、凄い。そしてこういう強烈な作画に相応しい松岡禎丞さんの狂気を含んだ演技も良かったですし、…

モブサイコ100 第4話 馬鹿オンリーイベント~同類~

モブサイコ見た。弟とのすれ違いだったり超能力者の新キャラだったり。一応エクボがツッコミ役みたいな形にはなったのだけど、現状では余り効果的だとは思わないのは、茂夫の行動が既にツッコミどころが多くて、わざわざ説明しなくても良いからでしょうね。—…

モブサイコ100 第3話 集いへの誘い~簡単に言うとモテたい~

モブサイコ見た。笑顔笑顔って都知事選に出ている某人のことですかね?と思ったりもした導入だけど、感情を押し込めた先にあるものが怒りというのも切なくもあり寂しくもあり。でもそれが茂夫自身であるし、霊幻じゃないがそういう自分で良いだとは思うのよ…

モブサイコ100 第2話 青い春の疑問~脳感電波部登場~

モブサイコ見た。入部話と女子校での除霊話。展開的に脳感電波部に入部することになると思いきや。モテたいと思うならキモい部活に入る必要はないわな。今回もまた作画がやっぱり凄くて、表現も油絵的なものを使ってみたり野心的。ギャグと作画の熱量がしっ…

モブサイコ100 第1話 自称霊能力者・霊幻新隆~とモブ~

モブサイコ100見た。裏サンデー連載作品のアニメ化。原作者がONEさんで、キャラデザが亀田祥倫さんだからワンパンマンらしさは出てきます。それにしても驚いたのはやっぱり作画。アニメらしい作画のデフォルメも、エフェクトも、背動もしっかりで、アニメ見…