読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名無しボウズ的アニメ徒然

Twitterで書いたアニメの感想を貼っています。

少女たちは荒野を目指す

少女たちは荒野を目指す 第12話 少女たちは荒野を目指す

少女たちは最終回見た。本数対決は結局六波羅の勝利というオチなんだけど、煽った割にはあっさりと説明で済ましているのは物足りない。実際本数なんて聞くしかない話だからリアルなのかもだけど、それを描くのが映像なのでは? 高飛車社長の高慢さを描くなら…

少女たちは荒野を目指す 第11話 これが始まりかもしれない

少女たちは見た。砂雪の借金返済のことを知らされていなかったショックよりも自分たちの荒野を目指した結果を見たいという展開は納得。しかしそれがちょっとスムーズ過ぎている感も。一応は彼女との思い出だったり、それぞれのキャラの持ったバックグラウン…

少女たちは荒野を目指す 第10話 タイフーン襲来

少女たちは見た。宣戦布告するライバルが出てきたり、ゲーム制作が兄貴の借金返済のためだったり。前者については見事に悪役なんだけども冒頭見ていると敢えて悪役の振りをして発奮させているようにも見える。でも伏線も全く無しに出てきた存在だから展開的…

少女たちは荒野を目指す 第9話 好きだから

少女たちは見た。音声収録回。スケジュールがある中で最高のパフォーマンスをする必要性。これは声優業に限らず全ての仕事でも共通事項ではあるのだけど、高校生ということであったり、過去の想いであったり、そういう部分で戸惑いも悩みもあるのも当然であ…

少女たちは荒野を目指す 第8話 閉じ込められて、夏

少女たちは見た。缶詰と言う名の合宿回。全員メイド服なのは良いけど亜登夢までやるのかよ、若干似合ってるのもアレだ。そして発売延期云々ってエロゲは延期がデフォだと思ってるので、そもそも缶詰する必要はないんじゃないかとも思うので、夕夏の言い分は…

少女たちは荒野を目指す 第7話 いつもと同じ、違うキミ

少女たちは見た。文太郎告白シーンでスランプになるの巻。当てにならないロールプレイやるシーンと実際に取材と称するデートをするシーンの対比。それぞれのキャラ性にも依る所も大きいのだろうけど、やはり等身大のデートをやる意味というものがあったので…

少女たちは荒野を目指す 第6話 これがいわゆるサービス回というものね

少女たちは見た。文太郎と夕夏の間に溝が出来るきっかけの話。その話に持っていくための舞台装置としてのサービス回なのでした。仕込みが丁寧ではあるけども、もっと他にやることあったのでは?と思わなくもない。前回辺りから思ってることだけど、ゲーム制…

少女たちは荒野を目指す 第5話 嵐の中で見えるのは

少女たちは見た。テルハがやっぱり騒動起こして文太郎がフォローする話第2ラウンド。背景や音楽を外注するならもうスクリプターも外注すればいいんじゃないですかね…? 全部自分たちでやってないのでそういう疑問符が出てくるし、展開上テルハが嫌われ者にな…

少女たちは荒野を目指す 第4話 わがままと引き算のメロディ

少女たちは見た。余りシナリオ書いたことがないだろう文太郎がスランプに入るもすぐに脱出する話と原画家根を詰め過ぎて倒れる話の2本分。前者はちょっとスムーズに解消されてるし、キャラ立ちも説明的ではないけど都合が良すぎる気も。人気シナリオライター…

少女たちは荒野を目指す 第3話 はじめてなんだ

少女たちは荒野を目指す見た。空中分解するかと思ったら企画読んであっさりやる気になるってのはどうなんだろう。企画者こそネゴシエーションしなきゃいけないのに砂雪が独善的で文太郎が尻ぬぐいというのもなぁ。でもだからこそ彼が主人公である理由でもあ…

少女たちは荒野を目指す 第2話 これもひとつの青い春

少女たちは荒野を目指す見た。人集め完了なんだけど、ちょっとスムーズ過ぎる気も。偶然ポップ見つけて調べたことを説明で済ますというのはなぁ。全部描く必要はないのは確かだけど、人を集めることは重要なんだから余りオミットして欲しくはない。グラマー…

少女たちは荒野を目指す 第1話 夢を追う少女

少女たちは荒野を目指す見た。みなとそふとのギャルゲー原作というかまだ発売前だけどそれのアニメ化。美少女ゲームを作って云々ってネタ自体は冴えない彼女の育て方でやったものだから目新しさはないけども、話の導入として、文太郎のキャラ付けを会話劇な…