読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名無しボウズ的アニメ徒然

Twitterで書いたアニメの感想を貼っています。

甲鉄城のカバネリ 第12話 甲鉄城

カバネリ最終回見た。金剛郭への距離感とか色々あるけど時代劇よろしく勧善懲悪でカバネも美馬配下もバッタバッタと倒しまくる生駒と来栖がカッコいいし、説得力のあるアクションも相まって流石の映像になっておりました。こういう爽快感だったんですよ、待…

甲鉄城のカバネリ 第11話 燃える命

カバネリ見た。美馬の復讐がガバガバ過ぎやしませんかね・・・。マキャベリストじゃなくて単なるニヒリストだと結局集団よりも個を優先する破滅主義者としか思えないのだけど。何故あの状況で美馬だけ五体満足な状況になってるのかは御都合過ぎる展開に思う…

甲鉄城のカバネリ 第10話 攻め上ぐ弱者

カバネリ見た。反乱の企てが簡単に出来るから変だなと思ったらやっぱり美馬は見越していた訳で、泳がせていただけだったと。しかし逞生は死ぬわ生駒も片腕もがれて海に落ちるわこれ一体どういう着地点を用意するんだろう。無名も簡単に堕ちちゃうしなぁ。— …

甲鉄城のカバネリ 第9話 滅びの牙

カバネリ見た。美馬の本性が明らかに。やはり目的のためには手段を選ばないマキャベリスト。将軍に対する宣戦布告のために一つの砦を潰すのが強烈な意志の表明でもあるのでした。彼の感情の基本にあることは将軍への憎しみのみ。その苛烈な感情が炸裂した展…

甲鉄城のカバネリ 第8話 黙す狩人

カバネリ見た。前回気になってた密談というのは美馬暗殺計画だったけども失敗。命を狙われるということは邪魔だと思ってる存在であったり恨みを買ってる存在であったりそういう人達がいるということ。彼のやり方を見るにマキャベリストな面はあるようだから…

甲鉄城のカバネリ 第7話 天に願う

カバネリ見た。戦闘続きの甲鉄城の面々に訪れた安息。それに伴い話の内容も少しコミカルになっているのだけど、何処となく次に来る闇を想起させるのは、七夕がハレであるからなのでしょう。あくまでもこれが彼らの非日常なのだろうし。— 名無しボウズ (@nana…

甲鉄城のカバネリ 第6話 集う光

カバネリ見た。無名がピンチの時に現れるヒーローというと違うのかもしれないが、彼女にとっての若様がもしかしたら生駒になるかもしれない。それは彼女にとって新たに戦う理由になる筈。また見捨てられたり処理されたりするカバネリなのに、甲鉄城の面々が…

甲鉄城のカバネリ 第5話 逃げられぬ闇

カバネリ見た。無名のバックにある幕府が彼女を人間的にさせない悲劇。彼女が受け入れられている雰囲気を出してからの落とすのだけど、周りではなく彼女自身の行動にしている部分が鍵。自業自得の部分が強いので無名に対して見ている方はモヤッとしちゃう。—…

甲鉄城のカバネリ 第4話 流る血潮

カバネリ見た。甲鉄城の逃避行にカバネリの2人が仲間として認められるための話。ムラ社会と屍の合わせ技で排他的になる状況を変えるには、実際にその目で活躍を見る必要がある訳です。無名はまだしも生駒の場合は基本的に孤独な戦いだっただけに尚更。丁寧に…

甲鉄城のカバネリ 第3話 捧げる祈り

カバネリ見た。人と屍とカバネリとの違いとは何だろうか。カバネリが中途半端な立ち位置だからこそ見える人間の恐慌と浅ましさ。無名の奔放な態度はそういう人間を見飽きているから意に介さないようになってしまったのでしょう。そんな彼女が衝撃を受けた妊…

甲鉄城のカバネリ 第2話 明けぬ夜

カバネリ見た。まさか主役の生駒がここで退場するのか?と思いきやのどんでん返し。カバネリとは人間でも屍でもないその狭間にいる者のことだったとは。タイトルの意味も分かった今回も相変わらずのアクション作画。今回だと無名の動きに見惚れました。顔の…

甲鉄城のカバネリ 第1話 脅える屍

カバネリ見た。ノイタミナ枠のオリジナル。屍という人を襲うゾンビみたいなものに対して人間はどのように立ち向かうのか。ある種スタッフ的にもだけど進撃の巨人でもモチーフであった脅威に対する人間の生き方を描こうとしているのは見て取れました。— 名無…