読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名無しボウズ的アニメ徒然

Twitterで書いたアニメの感想を貼っています。

終末のイゼッタ 第12話 イゼッタ

イゼッタ最終回見た。ゾフィーの戦う理由は女への嫉妬ではなくて愛する男に裏切られたからというものでした。思うにゾフィーは女らしい女であったのでしょう。また時代背景もキリスト教絶対主義の世の中と20世紀とは全く違う訳で。でも言えるのは本当に大公…

終末のイゼッタ 第11話 フィーネ

イゼッタ見た。フィーネとイゼッタの関係が主従ではなく親友となれた感のある今回。諦めそうになるフィーネを激励するシーンは良かったし、2人きりで山頂で語らうシーンも余韻が残るもので素晴らしい。こういう場面の作り方は流石望月智充さんの絵コンテ。— …

終末のイゼッタ 第10話 魔女の鉄槌

イゼッタ見た。前回でストップ安、イゼッタと姫様は薄い本展開にされるんだと思ったらしっかり逃げ切るしイゼッタも合流出来るしと、流れとしては良かったんだけど都合が良すぎるというのもあるし、なかなかに評価が難しい。個人的には未来が見える流れには…

終末のイゼッタ 第8話 残酷なおとぎばなし

イゼッタ見た。ハッピーエンドなおとぎ話は実はバッドエンドの裏返し、という話で、1話の中でのリッケルトとビアンカの関係を同じようなバッドエンドとして描くのは物語中の対比としても上手く出来ていたと思います。そのためのお約束なラブコメ要素。第1話…

終末のイゼッタ 第7話 ソグネフィヨルド海戦

イゼッタ見た。空母運用ってこの時期だとまだ微妙なので標的は戦艦にした方が良かった気もするけど、戦闘機乗りとのリベンジマッチもあるから展開上空母襲撃するのは納得。でも実際は空母そのものが囮で魔女の秘密を探るためというのが何とも大きな仕掛け。…

終末のイゼッタ 第6話 穏やかな日々に・・・

イゼッタ見た。戦争中の中休み。キルシュパイに御執心な姫様がやっと等身大の少女の姿。でも正体がバレたら姫様に戻るのが何とも業が深い。パイを受け止める時に魔法を使わなかったのは勿論使えないからだけど、正体をバラさないためという理由付けも出来る…

終末のイゼッタ 第5話 いつわりの奇跡

イゼッタ見た。魔法が使えない場所での作戦は成功。しかしその秘密を聞かれてしまったこと、そして工作員の存在。前回のヘタレ兵隊がまさかのキーマンになるとは。特務機関対エイルシュタットの謀略戦という感じも含みつつ。次回は一息つくのかな?— 名無し…

終末のイゼッタ 第4話 魔女の秘密

イゼッタ見た。魔法の秘密、それは使える場所と使えない場所があるというもの。なるほど魔法使えない場所なら捕まえられるのも頷ける。しかし秘密の部屋の中に使える場所の地図があるというのが御都合な展開ではあるけども納得。そしてフィーネとの過去も明…

終末のイゼッタ 第3話 天翔る剣

イゼッタ見た。絶望の戦闘、そして希望をもたらす魔女。イゼッタの力は航空戦力も地上戦力も無力にするというチート性能。当然敵側もやられっぱなしということもないだろうから今後どう対処していくのかも含めて、今後が気になるのでした。しかしイゼッタの…

終末のイゼッタ 第2話 傷痕と、銃声と

終末のイゼッタ見た。前半見せ場の山岳地帯での魔法アクション。血を与えることで氷の結晶を飛ばすという発想はなるほど。もっとも飛行機が時速400キロを超えているところでの魔女の飛行というのはちょっと御都合な感も。新幹線より速いんだから人間を抱えて…

終末のイゼッタ 第1話 たたかいのはじまり。

終末のイゼッタ見た。架空の第二次世界大戦化のヨーロッパを舞台にしたオリジナル作品。ドイツとかフランスとかではなくて別名になっているし、ナチスも帝国として存在って第三帝国だからそれはそれで合っているのか。そんなナチスもといゲルマニア帝国に侵…