名無しボウズ的アニメ徒然

Twitterで書いたアニメの感想を貼っています。

魔法使いの嫁

魔法使いの嫁 第24話 Live and let live.

魔法使いの嫁最終回見た。カルタフィルスとの対決は結局は彼の存在も受け入れるというオチになったのは、智世の生き方を見ていたら納得はするけどもカタルシスという意味では勿体無い感。彼のやってきたことを考えるともっと酷い目に遭って欲しかったかな。—…

魔法使いの嫁 第23話 Nothing seek, nothing find.

魔法使いの嫁見た。孤独なカルタフィルスと仲間がいる智世。さまよえるユダヤ人になった原因は当然彼自身にあるけども、その後未来永劫苦しむ呪いを掛けた預言者も相当に人が悪い。何が神の愛だ恩寵だ。不幸を生み出す神など価値はない。— 名無しボウズ (@na…

魔法使いの嫁 第22話 As you sow, so shall you reap.

魔法使いの嫁見た。目玉交換という衝撃的なシーンを経てからの智世の過去話。かつては幸せな形はあった筈なのに、社会が、世界がそれを許さなかった。単なる育児放棄という訳ではない所に病巣の深さを思い知る。そしてその深さも分かりながら智世が乗り越え…

魔法使いの嫁 第21話 Necessity has no law.

魔法使いの嫁見た。呪いの解決には代償が必要、まるで等価交換的な話も思うのだけど、エリアスの人間味のなさ、智世との擦れ違いがカルタフィルスに付け込まれる隙を作ってしまう。カルタフィルスにとって都合の良い展開にしたのは作り手の作為を感じるとこ…

魔法使いの嫁 第20話 You can't make an omelet without breaking a few eggs.

魔法使いの嫁見た。智世の持つ万能感の危うさ。結果ドラゴンの呪いを身に受け、更に寿命が短くなってしまう。死んでも構わないというスタートラインから、様々な人々との出会いを経て生きたいと願うようになったのにこの仕打。彼女が持つ根源的な母親の呪い…

魔法使いの嫁 第19話 Any port in a storm.

魔法使いの嫁見た。ああ可愛かったドラゴンの雛が・・・。改めてカルタフィルス許すまじ、と思うのだけど、冒頭の智世が見た夢の彼の姿も気になるところ。彼の持つ闇の深淵たるや。今回から新しい話ということもあって、新キャラが一気に登場。鈴村健一坂本…

魔法使いの嫁 第18話 Forgive and forget.

魔法使いの嫁見た。嫉妬に狂うエリアス。大人でもあるけども子供でもある彼。だから智世が側にいることが重要なんだろうと改めて思う。自分の気持ちをハッキリ伝える智世の姿も印象的。人と人とは違って当たり前だからどう折り合いをつけるかよね。— 名無し…

魔法使いの嫁 第17話 Look before you leap.

魔法使いの嫁見た。吐いた唾は呑まんとけよ、みたいな話。言霊の正体としての灰の目みたいな者の存在。当然これはお話だからそんなのはいないのだけど、現実社会でも言葉が力を持つことはある訳で。なので自分も気をつけないと、と改めて。でもポロッと出ち…

魔法使いの嫁 第16話 God's mill grinds slow but sure.

魔法使いの嫁見た。クリスマスの準備、そしてアリスの過去等々。そもそもクリスマスって預言者イエスの誕生日というよりも冬越しの伝統的な祭りか何かと習合したものということで、魔法使いも魔術師もやっているんでしょう、多分。プレゼントを贈る良い機会…

魔法使いの嫁 第15話 There is no place like home.

魔法使いの嫁見た。前半妖精の国での治療、後半シルキーの過去。前半についてはいきなり首を締める医者には驚いたけども、智世の生きる意志を呼び起こすためというショック療法なのでした。そこで智世が見たものが生への執着としてのエリアスの姿ならば、や…

魔法使いの嫁 第14話 Looks breed love.

魔法使いの嫁見た。前半狐になった智世を戻す話。重大な話だからどう解決するのかと思いきや意外にあっさりだったので拍子抜け。でもエリアスがやはり気になる智世の想いの強さ。いやこの二人の絆と言っても良いのかも。淡々とした空気の中の寄り添いが心地…

魔法使いの嫁 第13話 East, west, home's best.

魔法使いの嫁見た。新章突入、の前に前回のおさらいを含めたエリアスと智世の関係の深化。人間の先生と魔法の先生という立場の作り方が心に残る。智世の言葉には嘘がないからこそではあるけども、ストレートに彼女の感情が響く。演出の間もまた良い。— 名無…

魔法使いの嫁 第12話 Better to ask the way than go astray.

魔法使いの嫁見た。エリアスとの出会いで変わった智世。それはエリアスにとっても同じこと。出会いによって人生が変わる。その変わるきっかけは何であれ、前進することは良いことなのだ。今作だけでなくこの「変化」ということが物語の軸であり永遠の命題な…

魔法使いの嫁 第11話 Lovers ever run before the clock.

魔法使いの嫁見た。エリアスとリンデルの過去話の続き。人を食べたことがあると告白するエリアス。恐怖の対象。それでも智世は。真の愛情の在り処を見る。今回もなかむらたかしさんのコンテが素晴らしくて、シリアスとコミカルとの切り替えが印象的。1話の中…

魔法使いの嫁 第10話 We live and learn.

魔法使いの嫁見た。影にもなれるエリアスだからずっと智世と一緒にいられるのだけど、敢えて別れて旅をさせる話。可愛い子には旅をさせよ。そして語られるエリアスの過去。いないからこそ出来る話。冒頭の狼とエリアスのシーンから掴む流石のなかむらたかし…

魔法使いの嫁 第9話 None so deaf as those who will not hear.

魔法使いの嫁見た。オムニバス的に智世の様々な体験が綴られる今回。自分勝手な彼女と言及されるけども、人間なんて自分勝手なのが当然で、むしろ依存してような何してようが、彼女が見つけた答えがエリアスならばそのまま突き進んで欲しいのが正直な所。学…

魔法使いの嫁 第8話 Let sleeping dogs lie.

魔法使いの嫁見た。智世がピンピンしてるのは違和感はあったけども、話としてはウェットなものだったし、魔術師がド外道だということをストレートに描かれてあって物語にメリハリがありました。ルツの過去を見たこと、自分の置かれた立場、色々含めでの契約…

魔法使いの嫁 第7話 Talk of the devil, and he is sure to appear.

魔法使いの嫁見た。ブラックドッグと言われたらセラムン18禁同人のアレを思い出すし、イザベル連呼されるとシャルル・アズナヴールのアレを思い出してバッカでぇとか言っちゃうからシリアス展開の筈なのに頭に入らない罠。全て自分の人生が悪い、作品は悪く…

魔法使いの嫁 第6話 The Faerie Queene.

魔法使いの嫁見た。妖精王オベロンと妖精王妃ティターニア登場。基本的な妖精物語はベースにしつつ、今作の世界観に上手く落とし込んでいて印象的。基本的にはギャグも含みつつ絵作りとしては前回に比べると明るいものだったけど、ついて回る智世の寿命とい…

魔法使いの嫁 第5話 Love conquers all.

魔法使いの嫁見た。人を愛することと狂気は表裏一体。でも一番悪いのは魔術師。悪魔は甘言を弄して善人を悪人にするのだ。この魔術師の存在と今の魔術師とがリンクする。智世のためと魔術師は言ったが本当は違うのではないかと。おそらくはそうなのだろう。…

魔法使いの嫁 第4話 Everything must have a beginning.

魔法使いの嫁見た。猫の国での物語。記憶を失った時に智世が見た二人。何故夫は変わってしまったのか。そして現れた魔術師。今回の話の前編といったところだけど、次回どうなることやら。なかむらたかしさんがコンテで驚き。エインズワースの影の動きが良か…

魔法使いの嫁 第3話 The balance distinguishes not between gold and lead.

魔法使いの嫁見た。ドラゴンの里での古龍との出会い、そして別れ。死ぬことを望んでいた智世に見せた世界は美しいという光景。智世の力も加わったものだけども、それでもやはり生きるべきであるというメッセージ性が強く出た話。心からジワッと溢れるものが…

魔法使いの嫁 第2話 One today is worth two tomorrows.

魔法使いの嫁見た。物語のキーとなるキャラを紹介する話。そして誘拐されるという展開へ。智世の今迄の人生は周りからの拒絶と迫害だったのだろうけど、それと真逆の経験をすることの幸福感。と共に戸惑いが見て取れるのが彼女の置かれた立場なのだろうと思…

魔法使いの嫁 第1話 April showers bring May flowers.

魔法使いの嫁見た。月刊コミックブレイド連載作品のアニメ化。良いものでも悪いものでも人外を見ることの出来る女主人公が、魔法使いの弟子そして嫁になる物語。家族と死別し親戚にも疎まれ世界には絶望しかないと思っている女の子。それを全部含めて変える…