名無しボウズ的アニメ徒然

Twitterで書いたアニメの感想を貼っています。

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかIV 新章 迷宮篇 第11話 過酷―エンドレス―

ダンまち最終回見た。と言ってもこれも分割クールなので一旦中断という形。予想通りテイムは出来なくて元凶の奴は瞬殺されたけども、ベル君とリューが手負いのまま深層に落とされてどうなるのか。でも切られた右手が人魚のお陰でくっつくのは安易な物語の流…

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかIV 新章 迷宮篇 第10話 破壊者―ジャガーノート―

ダンまち見た。犯人が設定語りをする展開は分かりやすいんだけど、動機やら目的やら全て話す必要性はない訳で、展開のための展開というのは萎える。声優さんの演技でなんとかなってるけど、物語の有り様としては褒められたものではない。一方でクロノスも設…

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかIV 新章 迷宮篇 第9話 凶兆―ラムトン―

ダンまち見た。被害者かと思ったら実は加害者だし、前シリーズのクノッソスの話も絡んで絶望が絶望を呼ぶという展開に。深層のモンスターは倒せるけども、今度はヌシみたいなのが出てきて大変。リューの復讐鬼もどうかとは思うが、相手も相手で相当にワル。…

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかIV 新章 迷宮篇 第8話 混迷―ミラビリス―

ダンまち見た。ベル君とリューが再会。しかし優しい彼女の面影は全くなく、復讐鬼となっているようで。言葉で説得することは不可能だけどどうなるか。気になるのはウォーウルフの動向も。彼も復讐対象者なのか、はたまた違うのか。大きな穴、謎の怪物、展開…

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかIV 新章 迷宮篇 第7話 予知夢―カサンドラ・イリオン―

ダンまち見た。容疑者リューを捜索。しかしカサンドラの予知夢は絶望的な未来を示す。捜索隊に加わらないように説得するシーンはシリアスだけど、春姫が巻き込まれて事故みたいな形になっていたのは可哀想。ちょっと笑ったけどね。心配のタネは尽きずともや…

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかIV 新章 迷宮篇 第6話 白兎の脚―ラビット・フット―

ダンまち見た。ベル君、リトルルーキーからラビットフットに二つ名が変化。久し振りに登場のヘスティア、ベル君愛は変わらず。むしろ離れているからより酷くなっている感。ベル君愛と言えばリリルカも。話したいのに話せないというお約束。最後はしっとりと…

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかIV 新章 迷宮篇 第5話 聖火の英斬―アルゴ・ウェスタ―

ダンまち見た。ヒーローは遅れてやってくる。それぞれに見せ場を作り、それでもダメだというタイミングでやってくる展開は手垢のついたものだけど、王道であるが故に強い。旅立つ前のエピソードを上手くインサートするのも丁寧。アクション作画も流石。— 名…

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかIV 新章 迷宮篇 第4話 水都の少女―マーメイド―

ダンまち見た。マーメイドのマリィと出会うベル君。身近にエロ乳神様がいるんだから、もう生乳で恥ずかしがるとか違う気もするけども、それで平然な態度なのも彼らしくないか。実際数か月しか経ってない話のようですし。マリィの孤独や、ベル君と一緒にいた…

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかIV 新章 迷宮篇 第3話 寄生―ヤドリギ―

ダンまち見た。チーム内の意見を聞いて判断するベル君が立派なリーダーとなっている姿と、孤立してワンマンアーミーとして生きようとする姿とを1話で見せる上手さ。彼が主人公である必然性を改めて提示する。そして彼がいない状況でのチームがどうなるのかを…

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかIV 新章 迷宮篇 第2話 巨蒼の滝―グレート・フォール―

ダンまち見た。下層探検開始。ベル君の覚悟が見て取れる描写は今までの積み重ねがあってこそ。遠征メンバーの実力も向上していることも描かれる。であるが故に、最後出会った敵の凶悪さも際立つ。被弾した千草から植物が生えてきたが呪いなのかそれとも。ど…

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかIV 新章 迷宮篇 第1話 出発前夜―プレリュード―

ダンまち見た。4期目。ついにダンジョン深層へ。ヘスティア・ファミリアだけでなく他のファミリアも誘っての遠征。第1話にその準備だけで使うのは長期シリーズ故の余裕とも見る。またそれぞれの準備が適切なものなのも良いし描き方も丁寧。しかし第1期からま…

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかIII 第12話 英雄回帰―アルゴノゥト―

ダンまち最終回見た。ヘルメスの目的はベル君の復権だった。しかしそのためにはゼノスたちの犠牲が必要だというもの。英雄は英雄たらねばならぬ、という訳だが、それを決めるのはヘルメスの役割ではない。結果的にはミノタウロスが戦う役割を担い、ベル君と…

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかIII 第11話 決戦―ウルトラソウル―

ダンまち見た。今回はウィーネの勇気に涙腺が持っていかれる。モンスター絶対殺すマンのアイズを止めるには、モンスター自らが己の刃をなくさないといけない。自分の爪を、翼を、もぎ取るシーンをストレートに描くことでウィーネの覚悟を見るのでした。ここ…

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかIII 第10話 強行突破―インビジブル―

ダンまち見た。ゼノス脱出劇開始。リリの能力が有能というか万能過ぎてチート感も。前半がベル君ハーレム状態で誤解するアイズ、という構図はギャグだったけど、それ故に後半の脱出劇もシリアスさが際立ちます。隙のないロキ・ファミリア、はぐれるウィーネ…

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかIII 第9話 零落―スティグマ―

ダンまち見た。あれほどのことをしたのだから冷ややかな目で見られるベル君。でもヘスティア・ファミリアの面々は彼のことを信頼、いや好きだから全面的に信じる。今までの物語の帰結であるから、この流れも頷ける。むしろベル君の方が壁を作ってなかったか…

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかIII 第8話 愚者―ベル・クラネル―

ダンまち見た。愚者であることは悪ではない。己の信じるものに生きた結果、そう呼ばれるのなら是非も無し。偽善者こそ英雄になる資質というのもなるほど。この一途さこそがこの物語の主役がベル君であることを示した。ウィーネの復活は御都合的な気もするけ…

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかIII 第7話 獣の夢―ディックス・ペルディクス―

ダンまち見た。他人の不幸の上に自身の幸福を築いてはならない。故にゼノス殺しを快楽としている人非人には地獄に堕ちるべきだが、それはそれとして彼はモンスターと人間と線引きはした訳だ。しかしベル君はそれができない。既に自我を失ってしまったウィー…

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかIII 第6話 人造迷宮―クノッソス―

ダンまち見た。設定説明回。迷宮の造成に魅入られた者の呪いとでも言おうか。はた迷惑なものでしかないのだけど。問題はイケロスファミリアを潰したからといって、ゼノスは人間たちに受け入れられるかどうかは別ということ。それ故に受け入れているベル君の…

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかIII 第5話 惨劇の王者―イケロス・ファミリア―

ダンまち見た。殺戮が復讐を呼ぶ、という古典的な王道展開を真正面からやるのは意外性もないが、それ故に奇をてらわず真摯に物語を紡ぐ意志も感じる。そこで翻弄され一つの回答を導く役目をベル君に任せるのは主役の面目躍如。人間とモンスターとの仲立ちに…

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかIII 第4話 遠い夢―アコガレ―

ダンまち見た。設定説明回。モンスターにも輪廻転生があり、前世の記憶を引き継いで生まれる個体がある模様。それがコミュニケーションが取れる者たちである。そして彼らの目的は地上に出ること。まさに憧憬。その気持ちはベル君の本質と近い。それ故に親和…

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかIII 第2話 片翼―モンスター―

ダンまち見た。ウィーネ以外にもコミュニケーションを取れる魔物がいることが判明。魔物は倒すものという基本原則は本当に正しいことなのか。物語全体のテーマとしても転換点なシリーズではあるのだけど、そのためにベル君が見せるカタルシスが失われている…

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかIII 第1話 竜の少女―ウィーネ―

ダンまち見た。3期目。今期は意思疎通ができるモンスターとの出会いからの物語。コメディ要素もあるんだけど、ベースはシリアス強めの作品なので、やはりこのモンスターであるウィーネを軸に厳しい話にはなりそう。特に彼女が可愛いだけに。キャラクター造形…

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅡ 第12話 女神と眷族

ダンまち最終回見た。最終回と言っても今作も3期ありますので、一旦休止という意味合いでしかないのですが。今回は村長と女神を通して、女神と眷属の愛とは何かを描いた話で、ヘスティアもベル君も真っ直ぐな気持ちが伝わって良かったです。ベル君が生まれ変…

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅡ 第11話 進軍

ダンまち見た。前回までがシリアス強めだったからか、今回はコメディ強め。特に嫉妬するヘスティアの描き方が戯画的で良い。でも鈍感ベル君が悩むに従うことと天候とが相まってシリアスになっていくのも面白い。結局はちゃんと向き合うということよね。谷底…

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅡ 第10話 英雄切望

ダンまち見た。イシュタル編完結。吉原炎上。フレイヤとイシュタルの違いは品性というのは納得。本当の支配はチンコなんて関係ないのだ。ともかく下品な奴がしっかりとやられるカタルシスは良かったです、ガマ女みたいなの本当に醜かった、顔もだけど人間性…

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅡ 第9話 戦闘娼婦

ダンまち見た。英雄として行動する際の道標が、魔力増幅的な手の輝きということならば、戦争云々関係なく春姫を助けるのが当然である。この行動力こそ主人公の証。メモリアフレーゼの能力も活きる展開には納得。命の覚悟の描き方も良い。でもサミラがアップ…

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅡ 第8話 殺生石

ダンまち見た。殺生石がルナールの魂を固定させ、妖術を使えるようにするマジックアイテムだった。そしてその魂として春姫が使用される。そのことに怒るベル君ではあるけども、春姫を奪還することはファミリア同士の全面戦争に繋がる訳で。ここで春姫を絶対…

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅡ 第7話 狐人

ダンまち見た。娼婦に手を出すと危ないというのは古今東西変わりないもの。でも娼婦が手を出すというのは話が違う訳で。しかもベル君欲しいのはライバルへの当てつけなんだから困ったもの。春姫の問題も絡んでどう物語を解決させるのか。殺生石の秘密と共に…

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅡ 第6話 淫都

ダンまち見た。ベル君貞操の危機、というコメディな前半からの遊女零落のシリアスへ。緩急の付け方が良いし、松岡禎丞さんの演技も誇張しつつも納得。春姫の切なさ溢れる作画も良かったです。多分命たちが探しているのも彼女なんでしょうけど、身請するにし…

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅡ 第5話 竈火の館

ダンまち見た。修学旅行とかで女性風呂覗きはあるあるだけど、男性風呂を覗くという真逆のシチュエーションは面白かったです。そして謎アヒル。借金を忘れてたというのがヘスティアらしさ。神様というより豪傑といった雰囲気。ベル君の気持ちもストレートに…